①自分が借りられる住宅ローンは3,800万円!!ほしい物件は5,000万円。あと1,200万円どうやって増やす?

住宅ローンでいくら融資が受けられるのかは年収により決まります。

例えば、3,800万円まで融資可能な方がどうしても5,000万円の物件を購入したい場合、1,200万円の自己資金が必要になります。

5,000万円-3,800万円=1,200万円

自己資金を増やす方法をご紹介します。

  1. 共働きの場合は夫婦の収入を合わせて借り入れをする。
  2. 両親からの援助を受ける。

詳しくご説明しますね。

1.夫婦の収入を合わせて借りる。

下記、表のように夫・妻の収入を合算して融資を受ける方法、夫・妻がそれぞれに融資を受ける方法がありますが、団体信用生命保険の加入や住宅ローン控除の受け方に違いがありますので今後のライフスタイルを考慮して考えましょう。

借り方 収入合算
夫と妻の収入を合算する
ペアローン
夫と妻、それぞれで融資を受ける
債務者 主債務者:夫
連帯保証人:妻
夫・妻
連帯債務者
融資可能額算出の年収 夫:500万円
妻:500万円
合算:750万円
*妻の収入は50%を合算
夫:500万円
妻:500万円
合わせて1,000万円
団体信用生命保険 夫のみ加入 夫・妻それぞれ加入
住宅借入金等特別控除
(住宅ローン控除)
主債務者の夫のみ控除できる 夫・妻それぞれ控除できる
メリット 奥様が仕事を辞めても住宅ローン減税に影響を受けない。 夫・妻とも団体信用生命保険に加入ができ、
住宅ローン控除もそれぞれが受けられる
デメリット ペアローンに比べて融資可能額が低くなる。
妻は団体信用生命保険に加入できず、
住宅ローン控除も受けることができない
*住宅ローン控除は10年間なので、
10年間は共働きを続けて減税の恩恵を受けることができる。
*妻が仕事を辞めた場合、収入が大幅ダウンするので、
ローンの返済が大きく生活を圧迫する危険性が高い
ご自身の住宅資金計画はいかがですか? セミナー・勉強会の参加はこちらから